借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所 破産 管轄

関連法令改正と影響



引き下げ反対派の主張の例としては以下のようなものがある。



1. 多重債務者を標的にするヤミ金融の増加に対しては、刑事罰の強化で対処すればよい。金利をどのように設定するかは無関係である。

2. 自由経済社会において、国家が金利の上限(つまり統一価格)を決めることは問題がある。

3. 金利の上限を決めることは供給を絞ることであり、供給を絞ればあぶれた需要者は破産やヤミ金融に追い込まれる。

4. 消費者や個人事業主など、目的や金額の多寡も異なるのに一律に金利を定めるのは妥当でない。

5. グレーゾーン金利は法的に不安定であるから解消されるべきである。しかし、経済への影響を最小限にとどめるために出資法の29.2%、またはそれに近い金利に合わせることで解消すべきだ。




裁判所から破産通知書が… 知人にお金を貸していますが、裁判所から破産通知書が...

裁判所から破産通知書が… 知人にお金を貸していますが、裁判所から破産通知書が届きました。破産管財人、債権者集会??? 知人の処分できる財産は自宅くらいだと思います。ローン支払中で銀行が担保をつけているのでは。自宅を処分したお金を分配してもらえるのでしょうか?債権者集会は行ったほうがいいのでしょう(続きを読む)




身に覚えなく裁判所から破産債権届出書が

身に覚えのまったくない、 なんの取引もしていないのに、 裁判所から破産債権届出書を出してください という通知が来ました。 離籍はしていませんが事実上離縁した家族が私の 名前を...(続きを読む)





CA添乗も JR東海の鉄旅過熱





1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。