借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低金利 ブラックok

契約の成立



契約は、法律行為(90条以下参照)の一種であり、当事者の意思表示の合致によって成立する。これを分析すると、一方当事者の申込みという意思表示に対して、他方当事者が承諾の意思表示をすることによって、契約が成立する(521条以下参照)。



例えば、Aという人が土地の所有権を有しているときに、Bが「Aの土地を買いたい」との売買の申込みの意思表示を行い、Aが承諾の意思表示を行うと、売買契約(555条)が成立する。このように、契約は原則として当事者の意思表示の合致のみで成立し(このような契約を「諾成契約」という)、たとえ土地・建物の売買であっても、契約書を作成しなくても契約は成立する(もっとも、契約書は売買契約が成立したことの重要な証拠となる)。



ただし、Aが未成年者であるとか、認知症等によって判断能力がないなど、意思能力や行為能力に問題があるときは、Aが財産を他人に食い物にされてしまわないように法律が保護する必要があり、そのために法律行為(契約等)の無効・取消しの制度や、法定代理の制度が設けられている(3条以下参照)。



また、意思表示の過程に詐欺・強迫(脅迫)・錯誤等があると、正常な判断ができないのであるから、このような意思表示についても無効・取消しの制度が設けられている(95条、96条等参照)。






住宅ローンが低金利で、皆さんローン組んでますが、これって景気が芳しくない年収...

住宅ローンが低金利で、皆さんローン組んでますが、これって景気が芳しくない年収が低いから低金利で貸し出すんですよね?これでローン組んじゃう人はやばいと思うんですが・・・ 皆さん普通に ローン組んじゃうけど10、20年後大丈夫なんですかね(続きを読む)




低金利(1%)○日金利無し、の落とし穴って?

超低金利(1%以下)○○日金利無し、というキャッシングの落とし穴って? こんな低金利では、利益出ないはず、裏を教えて!(続きを読む)





トヨタ自動運転 20年商品化へ





1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

スポンサーサイト

個人 破産 電話番号

強制履行 [編集]



まず債権者は履行請求権を有する。これは、あくまで債務を履行せよと請求する権利である。具体的には、履行遅滞に陥っている債務者に「早くもってこい」と請求する場合や、不完全履行の際に「完全な履行をせよ(足りないものを補充せよ、など)」と請求する場合(追完請求または完全履行請求という)がある。債務者がその請求に従えばそれでよいが、従わない場合もある。そうした場合に債務者の意思を無視して、あるいは心理的な強制を与えることによって債務の内容を実現する方法がある。これが「現実的履行の強制」、または強制履行といわれる制度で、民事執行法に規定されている。なおコモン・ロー体系においてはこのような制度を設けず、損害賠償を原則とする法制度もある。



強制履行の態様は強制する債務の内容に応じて様々であるが、大まかに二つのタイプに分けることができる。



1. 債務者の意思に関係なく債務の内容を実現する直接強制

2. 罰金を科す等して債務者の行為を促す間接強制



である。以下、強制する債務の内容に分けて説明する。



* ある物の引渡しを内容とする債務においては、債権者が裁判を提起して勝訴し、債務名義を得て強制執行を行う。

o 動産の場合には、裁判所の執行官が目的物を債務者から取り上げて、債権者へ引渡す(民事執行法169条)。

o 不動産や船舶の場合には、執行官が債務者の占有を解いて、債権者に占有させる(民事執行法168条)。

* 金銭債務においては、債務者の財産に対して差押えを行い、競売にかけ、その代金から債務の弁済を受けることになる。

* 法律行為を目的とする債務については、裁判をもって債務者の意思表示に代えることができる。(民法第414条第2項、民事執行法174条)



* 上記以外の場合で、債務者自らが何らかの行為をすることが内容となっている債務で、債務の性質が強制執行を許さない場合については、直接強制はできない。(民法第414条第1項)なぜなら奴隷的拘束を禁じた憲法18条に反するからである。そこで債務者以外の者に行為させ、それにかかった費用を債務者に負担させる代替執行(民法第414条第2項、民事執行法171条)や間接強制(民事執行法172条)が用いられる。無論、間接強制であっても苦役からの自由を規定した憲法18条に違反する可能性があることに違いはない。



強制履行は債務者がどのような理由で債務不履行に陥っていても可能である(つまり債務者に帰責事由が無くてもよい)。ただし強制履行ができない債務もあり(自然債務を参照)、また履行不能の場合にこの手段を採ることは当然不可能である。
個人自己破産した人は7年間クレジットカード申請出来ないのですか

個人自己破産した人は7年間クレジットカード申請出来ないのですか(続きを読む)




個人破産後の有限会社は?

有限会社を経営していましたが経営不振から来る借入金の返済が出来なくなり、会社には目ぼしい財産が無いので会社はそのままにして、昨年の10月から個人名で仕事をしまして個人破産を...(続きを読む)





五輪後も上昇?都心マンション





1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。