借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 債権 官報

債務者主義

日本の民法は、ある債務が消滅したことのリスク(危険)は、その債務の債務者が負う(危険を負担する)という原則を採用している(536条1項)。これを債務者主義という[1]。

上記1の例のような場合(特定物に関する物権の設定または移転以外を目的とする双務契約)に適用され、歌手Aのイベントに出演するという債務が消滅し、これと対価関係にあるBの代金支払債務も消滅する。これによって消滅した債務の債務者(歌手A)は、本来ならば受け取れたはずの出演料(代金)を受け取れない、という意味でリスクを負担したことになる。


破産後の債権の回収可能額について

破産後の債権の回収可能額についてA会社が倒産しました。甲銀行の債権額は総額100百万円です。担保としては下の根抵当権2本、限度保証人1人です。・根抵当1(法人所有物件1~10)(極度額:70百万円、時価額:50百万円)・根抵当2(法人所有物件11~12)(極度額: 10百万円、時価額:20百万円)・(続きを読む)


自己破産者の債権回収について

債務者の代理弁護士から破産宣告の通知がきた場合、債権はどうなってしまうのでしょうか?一般的なクレジット債権ですが、やはり泣き寝入りをするしか方法はないのでしょうか?自己破産者の破産債権の回収について参考になるご意見をお聞か(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1189-d4d28d30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。