借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 相談 破産法

金利について

消費者金融の金利は出資法の上限金利を超えることはないが、一般に利息制限法の基準(10万円未満20%、100万円未満18%、それ以上は15%)を超えている。利息制限法は強行法規であり、利息制限法を超える約定利息は民事的には無効である。従って本来は利息制限法を越える部分の金利は払う必要はなく(利息制限法の上限利率を超過する利息契約は無効)、もし支払ったのであればそれは元金の返済に充当され、過払いが生じていれば弁護士・認定司法書士等(または本人)による交渉、訴訟によって返還させることができる(不当利得の返還、いわゆる過払い請求。)。ただし、完済後、10年以上経過している場合は時効(消滅時効)を主張される可能性が高い。相手が貸金業者で訴訟等をせずに放置されているなら、借り手の債務の消滅時効は最後の取引があった時から5年、過払い請求などの債権の消滅時効は最後の取引があった時から10年である(2009年1月22日、最高裁第一小法廷(泉徳治裁判長)は、時効は過払い金が発生した時点ではなく、取引の終了時から始まるとする判断を示し、最終的な取引(借り入れや返済)から10年以内であれば、過払い金全額の返還を求められるとした。)。完済後も過払い請求は可能だが、債権の消滅時効が障害になることがある。


自己破産の相談に弁護士に行きました。

自己破産の相談に弁護士に行きました。相談したところ即 破産しなさい と言われました。 現在 借入金額320万、毎月返済が14万です。年収320万ですが 3ヶ月ほど前からうつ病と診断され、仕事を休んでいます。 しかし、私有財産が有る為、20万現金で用意しないと裁判所の手続が出来ないと言われましたが、 (続きを読む)


自己破産を拒否する理由

生活が破綻寸前だそうです。しかし彼女は知り合いからの弁護士に相談して自己破産を検討していみてはという勧めを拒否したようなのです。そして理由は語らないそうです。彼女の状況からいって自己破産以外に選択肢はなさそうなのに、それを拒否する(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1223-bb3b7a17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。