借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別除権 破産 遅延損害金

担保は、原則として、以下の主体および客体から構成される。

1. 被担保債権…担保によって履行が保証されている債権。
2. 担保目的物…被担保債権の担保として供された事物。
3. 担保権者…設定者から担保の設定を受けた被担保債権を有する債権者。
4. 設定者…担保目的物を提供した被担保債権の債務者。または担保目的物を提供した第三者。

例えば、債務者Aが債権者Bに対する債務αを、債務者Aの有する甲不動産で担保した場合、債務者Aが設定者、債権者Bが担保権者、債権αが被担保債権、甲不動産(の交換価値)が担保目的物となる。注意点としては、設定者は、通常は債務者だが、債務者以外の第三者が目的物を提供する事もでき、その場合、保証人又は物上保証人と呼ばれる。なお、担保目的物として「物の交換価値」を提供している今の事例は物的担保の事例であるが、もし債務者以外の第三者が設定者として、担保目的物として保証債務を提供していれば、人的担保の事例となる。
日本航空を破産処理できないのでしょうか。破産処理したらどんな影響があるのでし....

日本航空を破産処理できないのでしょうか。破産処理したらどんな影響があるのでしょうか。(続きを読む)


債務保証について

債務者Aが債権者Bより100万円をかりました。この借入にCが保証人になりましたが、Aは返済できず破産をして免責を受けました。この場合Cは債務者Aに代わって債権者Bに100万円を返済しなければいけないのでしょ(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1274-6df01c1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。