借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産手続開始申立

消費者金融 歴史

1967年には日本ダイナースクラブがクレジットカードによるキャッシングサービスを開始、1972年には銀行がカードローン(「庶民ローン」、「市民ローン」と呼ぶ場合もある)を開始、また1977年にはアメリカ大手消費者金融企業、アプコ・ファイナンシャル・サービスによるサービスが開始され、その後も外資系企業が日本市場へと参入した。こうした中で、消費者の意識の変化などもあり消費者金融市場は大きく成長した。

だが、この頃から強引な貸付や取り立て、借金苦による自殺などが社会問題化し、貸金業規制法の制定へ向かう流れが作られることになる[1]。#社会問題化も参照されたい。


当事者が破産手続き開始決定を受けたときは、破産財団に関する訴訟手続は中断する←...

当事者が破産手続き開始決定を受けたときは、破産財団に関する訴訟手続は中断する←答えは○。とあるのですが、ちょっと仕組みと日本語がよくわからなくて。 破産財団に関する訴訟手続は中断する←この意味がよくわかず。 私のイメージでは当事者が破産手続き開始の決定をうけて、破産管財人に承継されて訴訟が継続される(続きを読む)


破産手続開始の決定

破産手続開始の決定 破産手続開始の決定後、破産手続開始の登記が嘱託され、 (1)破産手続開始と同時に破産手続廃止の決定 (2)破産手続終結の決定 により破...(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1360-b9bcd031

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。