借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本綜合法律事務所. 民事再生 債務整理

物権

物権とは、一定の物を直接に支配して利益を受ける排他的な権利である。

「物を直接に支配を受ける」というのは、物を物質的に使用・収益するという面(使用価値)と、物を処分して換価することができるという面(交換価値)が含まれる。

物権のうち所有権は、これらの一切の価値を把握する権利であるといえる。これに対し、地上権、地役権等の用益物権は、物の物質的な使用価値のみを把握するものであり、抵当権、質権等の担保物権は、物の交換価値のみを把握するものといえる。逆にいえば、これらの用益物権・担保物権が設定されると、所有権の内容は制限されるので、用益物権と担保物権を併せて制限物権という。

なお、隣地使用請求権(209条)など、物権編でも数多くの債権が定められている。解釈上の債権として、物権的請求権というものも認められている。



会社が経営難で民事再生を考えております。ただ、会社の建物が15年契約で、残り....

会社が経営難で民事再生を考えております。ただ、会社の建物が15年契約で、残り9年あります。また、この物件を借りた際、友人に連帯保証を頼んでおり、我がことより友人へ債務請求が心配です。会社が経営難で民事再生を考えております。ただ、会社の建物が15年契約で、残り9年あります。また、この物件を借りた際、友(続きを読む)


民事再生

民事再生 取引先A社が民事再生をしました。再生計画書の提出がまだなされていないのに 営業権をB社に譲渡しました。 今後A社及び債権者はどうなりますか?(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1388-def1fb18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。