借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産法 改正

「全情連」 と呼ばれる個人信用情報機関があるのですが、消費者金融会社は、この機関に加盟しており、個人の過去の取引履歴や延滞情報の記録を常に確認しています。

この情報は、加盟している消費者金融だけでなく、個人でも、自ら確認することが可能です。

方法は、本人が運転免許証やパスポートなどの身分証明書と印鑑を持参して直接最寄の情報センターに行くだけです。所定の用紙に記載して窓口へ出すだけで、信用情報を開示してもらうことができます。

残念ながら記録を用紙で受け取ることはできませんが、メモは取れます。

受付時間は基本的に祝祭日を除く月曜~金曜の10:00~12:00と13:00~16:00となっています。

開示される情報の内容は、

氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、勤務先

貸付日、貸付金額、貸付残高、最終入金日、次回入金予定日、完済日

異動情報 延滞日、延滞解消日、債務整理日、自己破産、特定調停、民事再生

等です。



オリジナルページ:キャッシュページ
http://cashpage.ddo.jp/contents-39.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-02-25 ]
http://www.freearticle.jp/contents-333.htm

猛暑厳しき折、どうか破産法について教えて下さい。 Aは支払い停止後に、その所有...

猛暑厳しき折、どうか破産法について教えて下さい。 Aは支払い停止後に、その所有する土地(時価1000万円)を1000万円でBに売却した。Aは、Bから受け取った代金を、債権者への弁済に充てることなく、甲銀行に自己名義で借りている貸金庫に保管した。Bは本件土地を買う時、Aのそのような意図を知っていた。そ(続きを読む)


アメリカの連邦破産法についてお尋ねします。

破産法についてお尋ねします。 最近ニュースで出てくるアメリカの連邦破産法第11条と呼ばれる法律。 アメリカの企業が経営破綻したときに適用され 再建を目指す場合に申請する...(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします


融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1432-a5d2e1ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。