借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民事再生

契約の解除

債権者は相当の期間を定めてその履行をするよう催告を行い、その期間内に履行がないときは契約を解除してしまうこともでき(541条)、履行不能となったときは、催告せずに、解除をすることができる(543条)。これによって契約は初めから「なかったこと」になり、既に代金を支払っていたりすればそれを元の持ち主に戻す義務が生じる(545条)。これを原状回復義務という。

解除をするためには債務者に帰責事由が必要であるというのが学説の多数意見であった。これは条文に規定されてはいないが、解釈上認められている要件である。しかし解除は債権者が反対債務から自己を解放するために行われるものであるため、債務者の帰責事由を要求する理由が無いとの説も有力になった。当初2004年の民法改正において解除に帰責事由を要求する旨を条文に規定する予定であったが、通説が確立されていないとの反論を受けて見送られた。

契約が、債務者の債務不履行を理由として解除された場合の法的構成

* 直接効果説
* 間接効果説

民事再生したゴルフ場について。 預託金の返還問題などで民事再生を申請されたゴ...

民事再生したゴルフ場について。 預託金の返還問題などで民事再生を申請されたゴルフ場はその後の経営・運営で制限される部分が多いと聞いたことがあるのですが、具体的にどういった事が制限されるのでしょうか? また、そのようなゴルフ場で仕事をすることについてメリット、デメリットはあるのでしょうか? 勉強(続きを読む)




民事再生をした場合の保証人への債務は?

民事再生をした場合の保証人への債務は? 保障協会への債務が5000万円ほどあり、保証人が付いているといたします。 民事再生により債務整理をした場合、保証人の債務はどうなり...(続きを読む)






1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1530-858f8a53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。