借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 免責

例外としての債権者主義

民法は、次のような場合には、例外として債権者主義(債権者が履行不能の危険を負担する)をとる。

1. 特定物についての物権の設定移転の場合(534条1項)[2]
2. 停止条件付双務契約の目的物が債務者の責めに帰することができない事由によって損傷した場合(535条2項)
3. 債務や物の消滅について債権者に帰責性がある場合(536条2項)

上記1の例でいえば、買主Bが引渡し前に下見をした際に失火して、Aの別荘が消滅すれば、別荘引渡債務の債権者であるBの代金支払債務は存続する。このため、引渡債務の債権者Bは債務者Aから別荘の引渡しを受けられないにもかかわらず代金の3000万円は支払わなければならないという結論になる。この場合、消滅した債務の債権者(別荘の買主 B)が、目的物が消滅したことによるリスクを負担したということになる。


平成19年に自己破産免責とりました。このたび イオンに買い物に行ったところイオ...

平成19年に自己破産免責とりました。このたび イオンに買い物に行ったところイオンカードを進められ 駄目もとで申し込んだところカードが 送られてきました。 とてもうれしいのですがなぜカードが作れたのか 不思議で ありません。ETCのみは使用しようと思いますが 使用していてカードを返還しろと言われないか(続きを読む)




破産→免責

破産→免責 弁護士事務所を通じて、平成14年末頃に破産申し立てをしました。その後会計簿の提出などを経て、平成15年4月に債権者集会(債権者は1社も来ませんでした)。その...(続きを読む)






1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1537-04851725

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。