借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産更正債権 仕訳

関連法令改正と影響

引き下げ賛成派の主張の例としては以下のようなものがる。

1. ヤミ金融は規制を強化すれば減少する。規制を強化しないで金利を引き上げる口実にするのは誤り。
2. ヤミ金融は、出資法の上限金利が現在より高い頃にもはびこったことがある。ヤミ金融と金利の問題とは切り離して考えるべきである。
3. 一律の高金利を維持することは、ローリスク層に貸し倒れリスクを転嫁している状態である。
4. 「借りられない人」は新たな貸し出しを受けて借金を増やすより、債務整理に取り組むのが望ましい段階であることも多い。
5. 債務整理、過払い請求をした人だけが利息制限法の恩恵を受けられる状態は不公正である。
6. 緊急時の資金等は社会保障制度、セーフティーネットの充実等で公的に対応すべきである。

税務上、損金処理するとは、どういう処理をするのでしょうか? 会計的には破産更...

税務上、損金処理するとは、どういう処理をするのでしょうか? 会計的には破産更正債権に貸倒引当金を積んでいるのですが、これに税務上の手当てをするとはどういった処理(仕訳)をするのですか?素人なので、基本ですがよろしくお願いします。(続きを読む)




貸倒引当金繰入額の計上について

貸倒引当金50万の仕訳を追加するだけでよいのでしょうか? 「破産更正債権」勘定を使用する必要があるのでしょうか? 個別評価金銭債権の貸倒引当金と、前期で計上した一括評価...(続きを読む)






1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1584-1c761cf2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。