借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連邦破産法第11条

不法行為

契約に次いで重要な債権発生原因は、不法行為である(民法709条以下)。

不法行為とは、他人から損害を加えられた場合に、契約関係がなくても、一定の要件のもとに金銭賠償を請求する債権が発生することを認める制度である。例えば、他人の物を壊したときの損害賠償請求権や、交通事故による損害賠償請求権等である。

不法行為による損害賠償請求権の発生要件は、次のとおりであり、このような場合に、被害者から加害者に対する損害賠償請求権が生じる(709条)。

* 故意・過失による加害行為
* 違法に他人の権利が侵害されたこと
* 損害の発生
* 加害行為と損害の間に因果関係があること
* 加害者に責任能力があること

連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をうけると、破産するまえまで上...

連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をうけると、破産するまえまで上場していた場合、株式や社債などはどうなるのですか?特に株式は返済義務はないですよね。一銭の価値もなくなるのですか?(続きを読む)




リーマン・ブラザーズの破産は日本にも影響するのでしょうか?

リーマン・ブラザーズの破産は日本にも影響するのでしょうか? 経済に関しては素人なのですが、ニュースでリーマン・ブラザーズが連邦破産法を申請したらしいのですが、 http://s...(続きを読む)




ポルトガル緊急融資 基本合意




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1681-52971be6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。