借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別除権 破産 民事再生法

履行遅滞

* 履行遅滞の要件

1. 履行期に履行することが可能であること
2. 履行期を徒過していること
3. 債務者に帰責事由が認められること
4. 違法性が認められること - 債務者に同時履行の抗弁権や留置権がある場合には違法な遅滞ではない。

* 履行遅滞の時期

確定期限があるときは、期限の到来したときから(412条1項)、不確定期限があるときは、期限の到来を知ったときから(412条2項)、期限がないときは、履行の請求を受けたときから(412条3項)。

* 履行遅滞の効果

1. 強制履行
2. 損害賠償 - 損害賠償の内容は遅延賠償と填補賠償である。
3. 契約の解除(相当の期間を定めて催告することが必要、541条1項)

* 金銭債務についての特則

金銭債務は、金銭が必ず市場に存在し、調達が可能であるから、履行不能になることはなく、金銭債務の不履行は、履行遅滞となり特則が定められている(419条)。 わからないので質問します。 破産債権と更生債権の意味を分かりやすく教えて下さい。

わからないので質問します。 破産債権と更生債権の意味を分かりやすく教えて下さい。(続きを読む)




破産

が、土地には抵当権を設定しなかった。その後、債務者は、破産した。銀行は、破産債権として破産管財人に配当要求するのだろうか。それとも、質権は抵当権と...(続きを読む)




人気急落でも湾岸物件の理由




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1715-04be4e4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。