借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 クレジットカード

権利の主体

民法において、権利の主体は人である。ここにいう人には、自然人(人間)と法人がある。

法人とは、人間が集まった集団・団体等について、法律が人間と同様に人格・法主体性を認めたものであり、株式会社等の会社や、社団法人・財団法人等がある。

自然人と法人に人格ないし法主体性があるということは、例えば、金銭支払請求権や、ボールペン、土地・建物の所有権等を有する資格が認められるということである。

これに対して、自然人・法人以外の物(動物等)には、法主体性は認められない。動物は、植物、ボールペン、土地・建物等と同様、物(ぶつ)の一種として扱われる。例えば飼い主が飼い犬にえさを与えても、飼い犬にえさの所有権が認められるわけではない。犬はあくまで飼い主の所有権の客体であって、所有権の主体となることはできないからである。 現代においては、人間は物とはならず、人間が所有権の客体となることはない。

自己破産者が「復権」して、クレジットカードの契約(つくること)や会社役員等に...

自己破産者が「復権」して、クレジットカードの契約(つくること)や会社役員等に就任できるまでにかかる期間やその条件を教えてください。(続きを読む)




自己破産後のクレジットカード

自己破産後のクレジットカード 7年前に自己破産しました。個人情報機関には、すべて履歴が無く、 東急TOPカードを申し込みしましたが、断られました。 何処かにまだ...(続きを読む)




IEA備蓄放出でインサイダーか




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1730-c836a39e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。