借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産法 相殺

金利について

過払い金=不当利得は「法律上の原因なく」受けた利益である。不当利得であると知りながら利益を得ていた貸金業者は「悪意の受益者」であり、受けた利益に法定利息(年利率5 - 6%)をつけて返還する必要がある。しかし、貸金業者は、過払い金があるということを知りながら、これを自発的に返そうとはしない。そのうえ、みなし弁済の要件を満たさないがゆえに不当利得になることを知りながら返済金を受け取り、取立てを続けている。過払い金の返還を求められる状態(不当利得返還請求が可能な状態、すなわち引き直し計算の結果、貸付残高がマイナスになっている状態)であるのに借り手が気づいていないことも多い。

民事訴訟法での質問です。 破産法44条により、弁護士をたてていても当事者が破...

民事訴訟法での質問です。 破産法44条により、弁護士をたてていても当事者が破産すると訴訟手続きは中断します。 質問ですが、 ①その後の訴訟手続き今までの弁護士が引き続きやるのでしょうか? ②当事者が破産管財人に変わるという理解でよろしいでしょうか?(続きを読む)




親会社が破産法を申請している子会社について

親会社が破産法を申請している子会社について教えて下さい。(続きを読む)




省エネポイントを検討 経産相




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1798-9d98ff49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。