借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京地裁 破産 担当裁判官

キャッシングは便利なサービスですが、いくつか気をつけなければいけない点があります。

まずは当然ながら、「ちゃんと返せるかどうか」ということです。

現在の状況をしっかりと把握し、年間返済額を計算した上で、返済計画をきちんと立てておきましょう。

使いすぎ、借りすぎに注意をして借り入れと返済のバランスを考えなければいけません。

目安は、毎月の支払い合計額が、月収の20%を超えないこと。(目安は5%~10%)

また、借入れの合計額は、年収を超えないことです。(目安は50%)

これを超えてしまうと、返済は難しくなると言われています。

しっかりと確認しましょう。

また、借りる際は、必要最低限の金額を借り、短期間に返済することがポイントです。

長期間ずるずると借りていると、利子もそれだけかさんでしまいます。

余裕ができたら少しでも返済すれば、利子もそれだけ安くなるのです。

いったん返済が滞ると、延滞損害金といって、割り増しの利息(利息制限法の法定金利の1.46倍以内)を支払わなければいけなくなったり、ブラックリストに登録され、他の金融業者からの借り入れができなくなったりしますので、必ず返済するようにしましょう。

ヤミ金のような悪徳業者にも注意しなければいけません。

新聞の折り込み広告、街頭や電柱の立て看板、電話ボックスの張り紙など、甘い広告には要注意です。

必ず、登録番号を確認した上で、信頼のおける企業から借入れをしましょう。



オリジナルページ:キャッシュページ
http://cashpage.ddo.jp/contents-48.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-02-18 ]
http://www.freearticle.jp/contents-321.htm
少額管財について 自己破産申立(東京地裁)を弁護士に依頼しようと思います。 ...

少額管財について 自己破産申立(東京地裁)を弁護士に依頼しようと思います。 (A)負債・・・住宅ローンの競売後残債1000万円 (B)債権者・・・銀行系保証会社 (C)月収・・・会社員、手取り40万円 (D)財産・・・個人年金(解約返戻金200万円相当) さて、自己破産申立前に上(続きを読む)




株式会社「クレディア」について

2007年9月14日、東証一部上場の消費者金融業「株式会社クレディア」が、東京地裁に民事再生手続開始の申立てをし、同月21日に手続開始決定がなされましたが、クレディアはなぜ、破...(続きを読む)




「リーマンショック2」の恐怖




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1808-401718ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。