借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 登記

特定調停の実際

異議を申し立てた相手方も、17条決定に沿った入金が続いている限り、申立人に対して債務の一括弁済を請求したり、訴えを提起したりすることは差し控える場合も多く(もちろん、17条決定に異議を申し立てた以上、相手方に対して請求を差し控える法律上の義務はない。)、異議の有無にかかわらず17条決定に沿った入金を続けるよう申立人に指導している例も多い。また、過払いにもかかわらず相互に債権債務の不存在を確認する等、申立人に不利な17条決定がなされた場合、申立人が異議を申し立てることがある。通常、特定調停では過払い金を請求することはできないため、改めて解決をはかることになる。

既存の取締役が破産手続開始決定を受けた場合に行う退任登記の登記すべき事項を教...

既存の取締役が破産手続開始決定を受けた場合に行う退任登記の登記すべき事項を教えてください。 検索用 司法書士(続きを読む)




株式会社の権利義務取締役

退任の登記をすることになると、テキストに説明されているのですが、この欠格事由とは、定款で定めた欠格事由も含まれるのでしょうか?? また、権利義務取締役の者が「破産手...(続きを読む)




クール・ジャパン脅かす韓流




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1970-c1a99a3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。