借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京地裁 破産 東京地裁民事8部

例外としての債権者主義

民法は、次のような場合には、例外として債権者主義(債権者が履行不能の危険を負担する)をとる。

1. 特定物についての物権の設定移転の場合(534条1項)[2]
2. 停止条件付双務契約の目的物が債務者の責めに帰することができない事由によって損傷した場合(535条2項)
3. 債務や物の消滅について債権者に帰責性がある場合(536条2項)

上記1の例でいえば、買主Bが引渡し前に下見をした際に失火して、Aの別荘が消滅すれば、別荘引渡債務の債権者であるBの代金支払債務は存続する。このため、引渡債務の債権者Bは債務者Aから別荘の引渡しを受けられないにもかかわらず代金の3000万円は支払わなければならないという結論になる。この場合、消滅した債務の債権者(別荘の買主 B)が、目的物が消滅したことによるリスクを負担したということになる。

少額管財について 自己破産申立(東京地裁)を弁護士に依頼しようと思います。 (...

少額管財について 自己破産申立(東京地裁)を弁護士に依頼しようと思います。 (A)負債・・・住宅ローンの競売後残債1000万円 (B)債権者・・・銀行系保証会社 (C)月収・・・会社員、手取り40万円 (D)財産・・・個人年金(解約返戻金200万円相当) さて、自己破産申立前に上記財産(D)に関(続きを読む)




裁判所

以前に自己破産について質問しましたらご丁寧にお返事頂きました。有難うございました。明日裁判所に行きます。すごく緊張しています。事の重大さに改めて反省です。経験者さんか...(続きを読む)




原発ゼロへ いら立つ経済界




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/1976-d77c5b34
-
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。