借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 退職金 住宅ローン

財産法の構成

財産法が対象とする法律関係に関するルールは、所有関係に関するルール(所有権に関する法)、契約関係に関するルール(契約法)、侵害関係に関するルール(不法行為法)に分けられる。このうち後2者を統合して、特定の者が別の特定の者に対し一定の給付を求めることができる地位を債権として抽象化し、残りについて、物を直接に支配する権利、すなわち特定の者が全ての者に対して主張できる地位である物権という概念で把握する構成が採用されている。

そして、債権として抽象化された地位・権利に関しては、債権の発生原因として契約法にも不法行為法にも該当しないものがあるため、そのような法律関係に関する概念が別途立てられる(事務管理、不当利得)。物権に関しても、所有権を物権として抽象化したことに伴い、所有権として把握される権能の一部を内容とする権利に関する規定も必要になる(制限物権)。また、物権と債権に共通するルールも存在する(民法総則)。

知人が自己破産をするんですが、弁護士より、会社から退職金の証明??みたいな書...

知人が自己破産をするんですが、弁護士より、会社から退職金の証明??みたいな書類を貰ってきてと言われたそうです。 退職はまだまだしないけど自己破産などの手続きには必要なようで… そこで知人は会社に自己破産するのをバレてしまうんじゃないかと不安になってます。 弁護士によい方法がないかきいてみても「債務整(続きを読む)




資産隠しに該当しますか?

った退職金を買い戻しに充てれるかどうかがわからなくて・・・。 父は建設会社に勤務しており、手続きをして退職金を手に入れたと言っていました。 今、このお金は父名義の通...(続きを読む)




日経平均急騰 買うべき銘柄は




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/2131-6f46befb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。