借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連邦破産法

裁判所の関与



特定調停に代わる決定は、特定調停の成立事由の事実上の原則形態となっている。これは、手続が簡易迅速であること、裁判所の事務処理基準を正面から条項に反映させ得ること、貸主側の内部決裁を得やすい(調停担当者の判断で譲歩したというよりも、裁判所が譲歩を要求したという方が、決裁権者の理解を得やすい)ことなどによるものであろう。



連邦破産法第11章を適用した場合のデメリットについて 連邦破産法第11章を適用した...

連邦破産法第11章を適用した場合のデメリットについて 連邦破産法第11章を適用した場合のデメリットについて質問させて下さい。 これを適用すると、政府の指導の下に会社が再建を目指すということはわかります。 債権が無効になり、経営陣もそのまま、再建計画を提出してそのまま経営を続けられるということで、 素(続きを読む)




クライスラーの破綻

クライスラーが「連邦破産法11条の適用を申請した。」とニュースで流れました。破綻しましたが、再建を目指すと言うのがよくわかりません。 ・倒産とはどう違うのでしょうか? ・こ...(続きを読む)




テロ12年 WTC入居契約進まず




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/2247-dd6c2642

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。