借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 債権 賃貸借契約

留置的効力



また、物的担保のうちの留置権には民法に規定された直接的な「優先弁済的効力」はないが、弁済があるまで目的物を留置しうる事は債務者にとって債務弁済の間接的強制力となる。更に留置権は民事執行法において優先弁済を得る方法が規定されており、実質的には他の物的担保と同様に優先弁済権がある。なお、会社法で規定される持分会社における無限責任社員は、有限責任社員と違い「金銭その他の財産」以外の無形物(例えば「信用」労務)を出資することが可能であるのは、信用や労務と供に、「会社の債務の人的担保」となることを出資しているからである。自己破産で債権者から異議を申立られるという事は、「免責がおりない可能性が高い...

自己破産で債権者から異議を申立られるという事は、「免責がおりない可能性が高い」または「自己破産出来なくなる」という事ですか? ※詳しく は、お手数ですが前の質問を見てください。 私は特定調停の調停委員の方は、債権者との話し合いの前に、申立人に返済が可能な事を確認してから話しを詰めていくものだと思(続きを読む)




自己破産者の債権回収について

債務者の代理弁護士から破産宣告の通知がきた場合、債権はどうなってしまうのでしょうか? 一般的なクレジット債権ですが、やはり泣き寝入りをするしか方法はないのでし...(続きを読む)




みずほ融資 組織的隠ぺいなし




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/2266-3281defe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。