借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人 破産 帳簿

関連法令改正と影響



大手業者については、上限金利引き下げに伴う審査の厳格化(適正化)による成約率の70%台から30%台への低下や、「ネオヤミ金」といわれる、以前の上限金利である40%程度で融資するヤミ金業者の出現、過払い請求への対応及び銀行等が融資を引き締めたことによる中堅以下の業者の倒産・廃業(クレディア、アエル (貸金業者)の民事再生法申請など)などが発生している。このような場合、過払い金債権者(借り手)が過払いだということを知らないなどの理由で期日までに届け出できない場合、過払い金の請求が難しくなることがある



法人破産の申立に関して、前職で取締役として勤めていた会社が潰れ、その代表者が...

法人破産の申立に関して、前職で取締役として勤めていた会社が潰れ、その代表者が破産申立をします。 私がひとつ前に取締役として勤めていた会社が潰れ、今度、その代表者が破産申立をします。 私はその会社が潰れる前(業績が悪くなり、収支がつかなくなった頃)に、今後の方針を代表者と話し合い、双方の方針が合わない(続きを読む)




法人の破産手続きについて

昨年、父が交通事故で亡くなりました。 その父が経営していた会社を破産させたいと思っているのですが、どのような手続きをすればよいのかがわかりません。 父は死ぬ3年ほど前に会社...(続きを読む)




東京株 1カ月ぶり1万5千円台




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/2320-5a785703

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。