借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 登記 中断

債務者主義



日本の民法は、ある債務が消滅したことのリスク(危険)は、その債務の債務者が負う(危険を負担する)という原則を採用している(536条1項)。これを債務者主義という[1]。



上記1の例のような場合(特定物に関する物権の設定または移転以外を目的とする双務契約)に適用され、歌手Aのイベントに出演するという債務が消滅し、これと対価関係にあるBの代金支払債務も消滅する。これによって消滅した債務の債務者(歌手A)は、本来ならば受け取れたはずの出演料(代金)を受け取れない、という意味でリスクを負担したことになる。



自己破産した人が所有していた不動産の購入を破産管財人の弁護士から話がありまし...

自己破産した人が所有していた不動産の購入を破産管財人の弁護士から話がありました。当該不動産登記簿を閲覧すると破産の登記がありません。抵当権の登記はありますが, その抵当権の登記は,破産管財人が抹消するといっています。破産の登記がないことは,どうしてでしょうか。また。この不動産を購入しても大丈夫でしょ(続きを読む)




NPO法人役員が破産者となった場合の役員変更登記

NPO法人の役員が破産者になると、破産手続開始決定の時点で役員の地位を失い役員ではなくなると思うのですが、破産手続き開始決定とともに自動的に商業登記謄本から破産した役員の氏名...(続きを読む)




8万円 ゴルフ場ヘリ送迎お得?




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/2331-eaa3fbcf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。