借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルピーダ 連邦破産法

その名の通り、インターネットを利用して申し込めるキャッシングサービスの総称をインターネットキャッシングと呼びます。別名、オンラインキャッシング・ウェブキャッシングと呼ばれることもあります。



審査は通常とほぼ変わりありませんが、インターネットを利用するため、24時間いつでも利用できるということと、店頭で申し込むように顔を合わせることなく手続きが可能なことが特徴です。



ただし、基本的には審査を受ける際には通常の申し込みと同様ですので、運転免許証・保険証など本人を証明するものが必要なる場合があります。



手続きの流れは、以下のようになります。



1.キャッシングの申込みフォームにあなたの情報を入力します。



2.消費者金融側が、自社の基準に従い仮審査します。



3.審査が終了次第、Eメールまたは電話連絡で審査結果の連絡が来ます。



4.審査を通過すると、自宅に「契約書類」が送られて来ます。



5.必要書類を同封し返送します。



6.消費者金融側にその書類が届き次第本審査が行われます。



7.本審査を通過すると、設定された限度額までの利用が可能となります。



※インターネットキャッシングの受付は24時間可能ですが、平日の営業時間外に申し込んだ場合や土曜・日曜祝日の17時以降の受付分は翌営業日の審査・連絡となる場合があります。



また、必要書類を既定の期日内に返送しないと契約は完了しませんので注意が必要です。







オリジナルページ:キャッシュページ

http://cashpage.ddo.jp/contents-60.htm



出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]

著者:htkt [ 作成:2007-02-04 ]

http://www.freearticle.jp/contents-97.htm


CIT(シティバンク)は連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請し、...

CIT(シティバンク)は連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請し、経営破綻(はたん)する可能性も出てきたとニュースで言われていますが、もしそうなった場合、預けている外貨預金はどうなりますか?(続きを読む)




欧州の金融機関は米国債を持ってるのでしょうか

ドルのインフレによる減価や、連邦破産法による米国債の部分的デフォルトが懸念され、安全資産の避難先が探される昨今ですが、本当の安全資産はどこなのでしょう。 (1)日本、中国、シ...(続きを読む)





お得で人気 広がる株主優待





1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/2365-a0d8856e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。