借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 復権 弁護士費用

履行不能



* 履行不能の要件



1. 債務成立後に債務の履行が客観的に不可能となること



後発的不能といわれ債権発生前に履行が不可能となる原始的不能とは区別される。また、「不可能」とは物理的に履行が不可能になった場合だけでなく、事実上不可能になった場合も含まれる。



2. 債務者に帰責事由が認められること

3. 違法性が認められること



* 履行不能の効果



1. 損害賠償 - 損害賠償の内容は填補賠償である。

2. 契約の解除(履行遅滞の場合と異なり催告は要件とされていない、543条)
「破産者で復権を得ない者」とは? 資格要件などでこのような事項がありますが、意...

「破産者で復権を得ない者」とは? 資格要件などでこのような事項がありますが、意味がよくわかりません。 法律では他に「破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者」とあったり、単に「破産者」としている例もあるようです。 それらはどう違うのでしょうか? 個人的には、「破産者=破産手続開始の決定を受けて復権を(続きを読む)





昭和天皇ご宿泊のホテル破綻





1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/2432-8ffec319

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。