借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人 破産 売却

利息とは、お金(元金)を借り受けた場合に、その対価として元金に上乗せされる、レンタル料のようなものです。



年利とは、元金を仮に1年間借りたとした場合に、元金に掛かる利息のことです。(実際には日割で利息を計算します)



この金利(利息)は、広告や説明資料等に表示されるものについては、「実質年率」で表示しなくてはいけない決まりとなっています。



実質年率とは、諸経費を含めて実際にかかる年間の利息の事です。



つまり、仮に、利息以外に書類作成費や手数料が別途必要だったとしても、その経費は利率に含めなければいけないということであり、見せ掛けの低金利を謳うことはできなくなっているのです。



ただし、中には利息以外に、手数料を請求する悪徳業者も存在しますので注意が必要です。



年利の利率は各社によって異なりますが、この上限は法律の制限で29.2%と決められており、これ以上の利息をとった場合、懲役や罰金刑が課せられるようになっています。



ちなみに、消費者金融業界の約20年前の利率はなんと109.5%もありました。その後の法律の見直しによって現在の29.2%まで下げられましたが、現在、さらに上限金利を下げようと見直しが行なわれています。







オリジナルページ:キャッシュページ

http://cashpage.ddo.jp/contents-2.htm



出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]

著者:htkt [ 作成:2007-02-04 ]

http://www.freearticle.jp/contents-98.htm


ある法人が破産手続きを開始しましたが、詐欺破産である場合もその法人の負債は免...

ある法人が破産手続きを開始しましたが、詐欺破産である場合もその法人の負債は免責となるのでしょうか?(続きを読む)





ユニクロ ムスリム服国内販売





1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/2454-a5d83ddc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。