借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 費用

* 免責的債務引受(交替的債務引受、免脱的債務引受)(狭義の債務引受)

債務が当初の債務者と債権者以外の人へ移転し、当初の債務者が債務を負担しなくなる形態の債務引受。
債権譲渡の場合と異なり、資力や担保権などの点において債務者の変更は債権者にとって重要であるから、免責的債務引受が有効に成立するためには移転される債務の債権者の合意ないし同意が必要である。他方、当初の債務者にとっては債務の免除を意味するため、その合意は不要と解されている。

* 併存的債務引受(重畳的債務引受、添加的債務引受、de:Schuldbeitritt)

債務が当初の債務者と債権者以外の人へ移転し、移転後も当初の債務者が引き続き債務を負担する形態の債務引受。
この場合は、債権者の利害を損なうことはないので、当初の債務者と債務を引き受ける者との合意のみによっても成立する(大判大正15年3月25日民集5-219)。併存した債務同士の関係については事案や具体的な合意の内容に応じて連帯債務(最判昭和41年12月20日民集20-10-2139)や保証債務についての規定が類推適用されると解されている。

* 履行引受

債務の履行負担のみが当初の債務者以外の人に移転する形態の債務引受。
引受人と原債務者の内部関係でのみ引受が行われ、債務者が債務を負担しつづけるので、厳密には債務引受とはいえないが、講学上広義の債務引受に含められる。履行を引き受けた者が履行を怠った場合でも、債権者に対し債務不履行責任を負うのは履行を引き受けさせた債務者自身である。
引受人は債務者に対して、第三者として弁済し、委託による保証人(459条)準じて求償できる。
引渡し(提供)の時期・場所

引渡しをすべき時期・場所は、契約で定められた時期・場所である。
契約で引渡しの場所を定めていなかったときは、特定物債権の場合は債権発生の時(契約成立時)にその物があった場所(484条前段)、種類債権の場合は債権者の現在の住所(同条後段、これを「持参債務」という)においてしなければならない。


近年の金融庁による指導など

2006年8月23日:「アコム」に対しおこなわれた金融庁の定例検査の際、朝日新聞により「業務停止命令を前提とした異例の再検査」との報道がなされたが、その後なんら処分は科されていない。


自己破産や任意整理で、かかる費用について。(長文です)。

自己破産の費用教えてください。お願いいたします。

民事再生や自己破産の費用と残務について(長文です)。

自己破産にかかる費用はどのくらいですか? 主人に結婚まえからの借金が500万ほ...

法律に詳しい方お願いします。私に借金があり自己破産することになりました。弁護....

5月日は、無料相談担当の当番日。

自己破産 弁護士 債務整理マニュアル



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/886-be45e26d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。