借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松組 破産

* 免責的債務引受(交替的債務引受、免脱的債務引受)(狭義の債務引受)

債務が当初の債務者と債権者以外の人へ移転し、当初の債務者が債務を負担しなくなる形態の債務引受。
債権譲渡の場合と異なり、資力や担保権などの点において債務者の変更は債権者にとって重要であるから、免責的債務引受が有効に成立するためには移転される債務の債権者の合意ないし同意が必要である。他方、当初の債務者にとっては債務の免除を意味するため、その合意は不要と解されている。

* 併存的債務引受(重畳的債務引受、添加的債務引受、de:Schuldbeitritt)

債務が当初の債務者と債権者以外の人へ移転し、移転後も当初の債務者が引き続き債務を負担する形態の債務引受。
この場合は、債権者の利害を損なうことはないので、当初の債務者と債務を引き受ける者との合意のみによっても成立する(大判大正15年3月25日民集5-219)。併存した債務同士の関係については事案や具体的な合意の内容に応じて連帯債務(最判昭和41年12月20日民集20-10-2139)や保証債務についての規定が類推適用されると解されている。

* 履行引受

債務の履行負担のみが当初の債務者以外の人に移転する形態の債務引受。
引受人と原債務者の内部関係でのみ引受が行われ、債務者が債務を負担しつづけるので、厳密には債務引受とはいえないが、講学上広義の債務引受に含められる。履行を引き受けた者が履行を怠った場合でも、債権者に対し債務不履行責任を負うのは履行を引き受けさせた債務者自身である。
引受人は債務者に対して、第三者として弁済し、委託による保証人(459条)準じて求償できる。
参考

* 東京新聞・商工ローン問題取材班『商工ローン-地獄への落とし穴-』 リム出版新社 1999年
* 今瞭美 (著)、尾田真言(解説)『サラ金トラブル』 NCコミュニケーションズ 2001年
* 宇都宮健児『消費者金融 実態と救済』 岩波書店 2002年
* 三宅勝久『サラ金・ヤミ金大爆発 亡国の高利貸』 花伝社 2003年
* 岡崎昂裕『自己破産の現場』 角川書店 2003年
* 溝口敦『武富士 サラ金の帝王』 講談社 2004年
* 須田慎一郎『下流喰い 消費者金融の実態』 筑摩書房 2006年
* 笠虎崇『金融屋 借金漬けにされる消費者たち』 彩図社 2007年
* 井手壮平『サラ金崩壊 グレーゾーン金利撤廃をめぐる300日戦争』 早川書房 2007年
* 北健一『高利金融 貸金ビジネスの罠』 旬報社 2008年
* 横田一『クレジット・サラ金列島で闘う人びと』 岩波書店 2008年
* 椎名麻紗枝、今西 憲之『無法回収 「不良債権ビジネス」の底知れぬ深き闇』 講談社 2008年
* 杉本哲之『実録「取り立て屋」稼業 元サラ金マン懺悔の告白』 小学館 2008年



裁判所の関与

裁判所は、調停委員会の調停が成立する見込みがない場合においても、相当であると認めるときは、職権で、事件の解決のために必要な決定をすることができる(特定調停に代わる決定。実務上、17条決定(じゅうななじょうけってい)と呼ばれる。同法22条、民事調停法17条)。この決定に対して、当事者が決定の告知を受けた日から2週間以内に異議を申し立てなければ、この決定は、裁判上の和解と同一の効力を有する(同法18条)。この決定についても、前述の内容の適切さが要求されている(特定調停法20条、17条2項)。


日本で一番古い会社

(例えば)グーグルのように、現在どんなに躍進を遂げてる会社であっても、

倒産情報 東経ニュース 6月8日

高松組の債権を税務署が差し押さえ



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/910-fde7260f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。