借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 退職金

紹介屋

多重債務者に「まだ借りられる業者を紹介する」などといって、高額な紹介料を取る業者のことをいう。出資法では紹介料は契約額の5%以下に規制されており、それを超えるものは違法である。紹介屋と紹介された金融業者は、提携していることもあるが、無関係なこともある。
雑誌などに広告を出している金融業者(多くはトイチといわれる業者)の中には融資の申し込みを受けて審査をしているように装い、「自分のところでは融資が出来ないが、他の融資出来る業者を紹介する」といって適当な業者を紹介(もちろんただ会社名を教えるだけでその会社とはなんの関係もない)し、高額な紹介料を払わせるものもいるので注意が必要。
このように紹介すると偽って紹介料を収受し、金融業者に対しまったく紹介行為を行っていないケースが多いが、これはもちろん刑法上の詐欺罪に当たる。このような場合でも当該多重債務者は金融業者から借入ができてしまうことがあり、紹介屋に感謝することになるが、これはそもそも紹介がなくても借りることができる(審査が通る)経済状態だったから借りられたに過ぎない。


銀行系消費者金融

銀行系消費者金融とは、設立当初、主に銀行と大手専業会社(一部信販会社などとも)の合弁で2000年から2002年頃迄に設立された消費者金融会社である。主にサラリーマンや公務員など継続的に安定収入のある人物を対象としているが、銀行本体のカードローンでは収入などの属性で借入が難しい人物で、専業会社で借りるには(専業会社から見て)高属性の人物であるといった、銀行ローンと専業の中間クラスのような層が対象である。


関連法令改正と影響

2008年4月の時点で企業倒産が増加傾向にある。

金融業者の企業倒産も増加傾向にあるが、他業種の企業倒産も増加傾向にある。帝国データバンクは2007年度の全国企業倒産集計で原料高関連の倒産が増加し、法改正(改正建築基準法)の影響を受け、建設、小売、サービスなど内需関連の幅広い業種で倒産が増加したとしている。消費者金融の倒産について改正貸金業法の影響と、金融機関からの引き締めを指摘している。倒産が増加した大きな要因は、中小・零細企業の収益環境の悪化にあるとして①原料高②資材高③改正建築基準法施行に伴う関連業界の混乱④資金調達環境をあげ、サブプライム問題で多額の損失を被った金融機関に融資の選別を強める動きがあるとする。ノンバンク(事業者ローン、消費者金融)の審査の厳正化(適正化)を中小・零細企業の倒産増加の要因にあげていない[37][38]。また、2004年-2008年まで、最高裁集計による自己破産申請数は一貫して減少しており、2006年-2007年に自己破産申請数の減少率は微増している。2008年の個人及び法人の自己破産は合計約14万件であり、2007年より約17000件減少している。個人は約12万9000件で5年連続の減少、法人は約1万1000件で3年連続の増加となった。また、民事再生(個人向け)の申し立ては2007年に約2万7000件、2008年に約2万 4000件であり減少している


ミートホープの社長は、奥さんを解雇して退職金8000万円払いました。

会社が破産し破産債権で退職金を申請していたのですが、管財人から「退職金規定が....

父が26年勤めていた会社が倒産たのですが、退職金をもらっていません。破産の手....

弁護士から突然の手紙が・・・2年前に辞めた会社の破産管財人弁護士から、貰って....

皆様教えるて下さい。 現在、夫の借金(500万円弱)があり自己破産申請中なので...

不動産の「キヤッシュフロー経営」は思いっきり捨てる・・・・

世界同時不況から その3



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/919-584e985e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。