借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産管財人

銀行などの市中金融機関では、債務超過を新規の貸付ができない条件とすることが多く、特別な事情のない限り、この状態で新たな貸付を期待することは困難である。ただし、貸借対照表には、事業を継続したときの将来の期待収益は織り込まれていないため、債務超過だから事業を継続する価値がないとは言い切れない。たとえば、株価を算定する際に将来のキャッシュ・フローの割引現在価値を用いるDCF法を用いれば、債務超過であっても正の株価が正当になることもありうる。

なお、債務については価額が明白なのに対し、資産については評価額がわかれることがあり、債務超過か否かを完全に客観的に判定することは難しい。とくに、市場価格のない非上場株式や、不動産、特許権などの無形資産などについては、査定方法によって評価額に幅があることに注意すべきである。
弁済の提供がなく債務者に帰責性がない場合

弁済の提供がなく、債務者に帰責性がない場合は、債務は存続するのが原則である。 債務の履行が不能になった場合は債務は消滅する。 ただし、双務契約から生じた債務の一方が不能になった場合には、危険負担の規定があり、他方の債務も消滅する場合がある。

債務者Aに帰責事由がない場合(隣家の火事による延焼で建物が焼失したような場合)、BのAに対する建物引渡請求権は、損害賠償請求権に転化することなく、当然に消滅する。残るは、Bの反対債務(代金債務)が存続するか、消滅するかであるが、これを危険負担の問題という。建物のような特定物の売買については、債権者Bが危険を負担する、すなわち代金債務は存続する(534条、債権者主義)というのが民法の原則であるが、この規定は制限的に適用すべきだとする見解も有力である(ただし、危険負担は任意規定であり、これと異なる特約等があれば排除される)。


関連法令改正と影響

大手業者については、上限金利引き下げに伴う審査の厳格化(適正化)による成約率の70%台から30%台への低下や、「ネオヤミ金」といわれる、以前の上限金利である40%程度で融資するヤミ金業者の出現、過払い請求への対応及び銀行等が融資を引き締めたことによる中堅以下の業者の倒産・廃業(クレディア、アエル (貸金業者)の民事再生法申請など)などが発生している。このような場合、過払い金債権者(借り手)が過払いだということを知らないなどの理由で期日までに届け出できない場合、過払い金の請求が難しくなることがある


破産管財人がする任意売却の、前提登記としての抵当権抹消登記の申請人について。

自己破産と破産管財人について教えてください。

競売物件を落札後、明け渡し交渉のため相手方の破産管財人に連絡したところ鍵は本....

◆◆破産管財人の報酬っていくらぐらい?

破産管財人についてお聞きします><

社会見聞録・オウム真理教

西川社長が騒がれている理由がわからない



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/920-4442f962

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。