借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産 破産

* 免責的債務引受(交替的債務引受、免脱的債務引受)(狭義の債務引受)

債務が当初の債務者と債権者以外の人へ移転し、当初の債務者が債務を負担しなくなる形態の債務引受。
債権譲渡の場合と異なり、資力や担保権などの点において債務者の変更は債権者にとって重要であるから、免責的債務引受が有効に成立するためには移転される債務の債権者の合意ないし同意が必要である。他方、当初の債務者にとっては債務の免除を意味するため、その合意は不要と解されている。

* 併存的債務引受(重畳的債務引受、添加的債務引受、de:Schuldbeitritt)

債務が当初の債務者と債権者以外の人へ移転し、移転後も当初の債務者が引き続き債務を負担する形態の債務引受。
この場合は、債権者の利害を損なうことはないので、当初の債務者と債務を引き受ける者との合意のみによっても成立する(大判大正15年3月25日民集5-219)。併存した債務同士の関係については事案や具体的な合意の内容に応じて連帯債務(最判昭和41年12月20日民集20-10-2139)や保証債務についての規定が類推適用されると解されている。

* 履行引受

債務の履行負担のみが当初の債務者以外の人に移転する形態の債務引受。
引受人と原債務者の内部関係でのみ引受が行われ、債務者が債務を負担しつづけるので、厳密には債務引受とはいえないが、講学上広義の債務引受に含められる。履行を引き受けた者が履行を怠った場合でも、債権者に対し債務不履行責任を負うのは履行を引き受けさせた債務者自身である。
引受人は債務者に対して、第三者として弁済し、委託による保証人(459条)準じて求償できる。
弁済の提供がなく債務者に帰責性がない場合

弁済の提供がなく、債務者に帰責性がない場合は、債務は存続するのが原則である。 債務の履行が不能になった場合は債務は消滅する。 ただし、双務契約から生じた債務の一方が不能になった場合には、危険負担の規定があり、他方の債務も消滅する場合がある。

債務者Aに帰責事由がない場合(隣家の火事による延焼で建物が焼失したような場合)、BのAに対する建物引渡請求権は、損害賠償請求権に転化することなく、当然に消滅する。残るは、Bの反対債務(代金債務)が存続するか、消滅するかであるが、これを危険負担の問題という。建物のような特定物の売買については、債権者Bが危険を負担する、すなわち代金債務は存続する(534条、債権者主義)というのが民法の原則であるが、この規定は制限的に適用すべきだとする見解も有力である(ただし、危険負担は任意規定であり、これと異なる特約等があれば排除される)。


関連法令改正と影響

貸金業法改正が多重債務者救済や、景気、GDP、地方経済に与える影響、またヤミ金融などの地下経済に与える影響については、科学的な研究が待たれる。


自己破産→不動産差し押さえまでどのくらいの日数がかかりますか?

不動産の売買契約後に破産した場合の明け渡しについて

自己破産と弁護士についてお聞きします。実家(自営業)に多額の借金があり、不動産....

不動産投資で借金・破産は何故起きるのですか?

自己破産を考えてます。破産する場合は不動産を必ず手放さなければならないのでし....

今週のまとめ(6月8日~6月14日)

建築って いろいろ! 不動産デベから建設業界への倒産シフト



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/933-b99461cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。