借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産手続

紹介屋

多重債務者に「まだ借りられる業者を紹介する」などといって、高額な紹介料を取る業者のことをいう。出資法では紹介料は契約額の5%以下に規制されており、それを超えるものは違法である。紹介屋と紹介された金融業者は、提携していることもあるが、無関係なこともある。
雑誌などに広告を出している金融業者(多くはトイチといわれる業者)の中には融資の申し込みを受けて審査をしているように装い、「自分のところでは融資が出来ないが、他の融資出来る業者を紹介する」といって適当な業者を紹介(もちろんただ会社名を教えるだけでその会社とはなんの関係もない)し、高額な紹介料を払わせるものもいるので注意が必要。
このように紹介すると偽って紹介料を収受し、金融業者に対しまったく紹介行為を行っていないケースが多いが、これはもちろん刑法上の詐欺罪に当たる。このような場合でも当該多重債務者は金融業者から借入ができてしまうことがあり、紹介屋に感謝することになるが、これはそもそも紹介がなくても借りることができる(審査が通る)経済状態だったから借りられたに過ぎない。


銀行系消費者金融

資金面で出資者である銀行等のバックアップがあるなどして、利息制限法の基準の範囲内の貸出利率で営業しており、専業会社と違って有人店舗を持たず、郵送や電話・インターネットなどで申込でき、比較的短時間(1時間程度)で審査の可否が決定し、契約が成立次第ローンカードを郵送するなどして利用が可能になるものである。


関連法令改正と影響

引き下げ賛成派の主張の例としては以下のようなものがる。

1. ヤミ金融は規制を強化すれば減少する。規制を強化しないで金利を引き上げる口実にするのは誤り。
2. ヤミ金融は、出資法の上限金利が現在より高い頃にもはびこったことがある。ヤミ金融と金利の問題とは切り離して考えるべきである。
3. 一律の高金利を維持することは、ローリスク層に貸し倒れリスクを転嫁している状態である。
4. 「借りられない人」は新たな貸し出しを受けて借金を増やすより、債務整理に取り組むのが望ましい段階であることも多い。
5. 債務整理、過払い請求をした人だけが利息制限法の恩恵を受けられる状態は不公正である。
6. 緊急時の資金等は社会保障制度、セーフティーネットの充実等で公的に対応すべきである。


司法書士に依頼し自己破産手続中です。破産理由というか、破産経緯で困っています....

離婚で財産分与となったものでも破産手続開始となった場合管財人に否認されるので....

山海堂から「破産手続開始通知書」なるものが届きました。

根抵当権設定者の破産手続開始による元本確定

当事者が破産手続き開始決定を受けたときは、破産財団に関する訴訟手続は中断する&...

同時廃止事件と管財事件の違い

財産がある場合の自己破産

富士ハウス問題、「返済額」割合引き上げ

エディー・バウアー、破産法適用を申請・CCMPが資産買収で合意

GM社長、「足元の販売順調」 再建手続き、早期完了も

花巻の東北建設 破産手続き開始 負債19億円

取引先が破産を申し立て 札幌地裁が「ワンディ・スパ」に開始決定

UAW、顧問のガースキー氏を新生GMの取締役に指名



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/939-7899b2b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。