借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 申立

闇金対策組織

* 内閣府多重債務者対策本部(金融庁)
o 改正貸金業法
o 各都道府県多重債務対策協議会
* 全国ヤミ金融対策会議
* 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会
* 多重債務対策NPO(特定非営利活動法人)



家族法の構成

家族法のうち、親族関係に関するルール(親族法)は、夫婦関係を規律するルール(婚姻法)、親子関係を規律するルール(親子法)がまず切り分けられるが、その他の親族関係についても扶養義務を中心としたルールが必要となる。また、親権に関するルールは親子法に含まれるが、編成上は親子法から切り分けられて規定されている。これは成年後見制度と一括して制限行為能力者に対する監督に関するルールとして把握することによるものと考えられる。

相続法については、主として相続人に関するルール、相続財産に関するルール、相続財産の分割に関するルール、相続財産の清算に関するルールに分けられる。その他、遺言に関して、遺言の内容が必ずしも相続に関することを含まないこともあり、いわゆる遺言法を相続法と区別する立法もあるが、日本では相続法に含めて立法化しており、それに伴い相続による生活保障と遺言との調整の観点から、遺留分に関するルールを置いている。もっとも、これらを通じた規定について総則にまとめる方式が採用されていることもあり、法文上は、これらのルールが明確に区別されていない部分がある。


歴史

金融機関による個人への融資は、1929年の日本昼夜銀行等による小口融資が嚆矢と言えよう。だが、この流れは太平洋戦争による経済・社会の戦時体制への移行により、とぎれることとなる


破産宣告の際の、破産申立書は本人以外でも提出できますか?

破産申立されてしまいました。

まもなく破産申立します。

個人の自己破産についてお尋ねします。質問①自由財産99万とは、現金でというのは...

破産に関して、弁護士の受任から裁判所への破産申立までの期間に期限はあるのでし....

【ミニ情報】アイディジャパンなど「未公開株乱売」事件、埼玉地検が ...

日本農村情報システム協会に対し、破産手続きの開始を決定 自己破産と ...

クリスチャン・ラクロワ、09/10年秋冬パリ・オートクチュールコレクションに参加



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/957-16f8a924

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。