借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民事再生

債務超過(さいむちょうか)とは、債務者の負債の総額が資産の総額を超える状態。つまり、資産をすべて売却しても、負債を返済しきれない状態である。

法人及び相続財産の破産原因である。

反対語は、資産超過。企業会計上は、貸借対照表で判断される。

この状態で企業を清算すれば、残余資産がないのだから、株主の取り分がゼロである状態ともいえる。またこのことをもって、清算価値がゼロあるいは理論株価がゼロという表現をすることもある。
譲渡担保

明文の規定のある担保物権ではないが、担保の目的で、機械等の動産を債権者に譲渡した形にして、引き続き債務者が使用収益するという譲渡担保が行われることがあり、これについても担保物権(抵当権)と同様の処理が図られることが多い。


関連法令改正と影響

引き下げ反対派の主張の例としては以下のようなものがある。

1. 多重債務者を標的にするヤミ金融の増加に対しては、刑事罰の強化で対処すればよい。金利をどのように設定するかは無関係である。
2. 自由経済社会において、国家が金利の上限(つまり統一価格)を決めることは問題がある。
3. 金利の上限を決めることは供給を絞ることであり、供給を絞ればあぶれた需要者は破産やヤミ金融に追い込まれる。
4. 消費者や個人事業主など、目的や金額の多寡も異なるのに一律に金利を定めるのは妥当でない。
5. グレーゾーン金利は法的に不安定であるから解消されるべきである。しかし、経済への影響を最小限にとどめるために出資法の29.2%、またはそれに近い金利に合わせることで解消すべきだ。


すいません。緊急事態にてとても困っております。民事再生についての質問です。自....

民事再生できるでしょうか?また、出来たとして、大家さんが債権者(遅れている賃....

個人民事再生を申請考えています。

【民事再生】を行い借金を完済

民事再生法 申請会社についての対応

札幌市司法書士事務所 - 北海道

アグリガイアシステム:民事再生法を申請 県助成で事業 /千葉 | 債務 ...

帝国データバンク、2009年上半期の全国企業倒産集計を発表

「新生GM」今月中に発足へ=財務長官顧問が表明-米メディア

美少年酒造、社長に「味千」社長の重光氏

新生GM発足へ前進 優良資産の譲渡、裁判所が承認



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/977-0d3a189f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。