借金・返済・整理・破産

一人で悩んでても、何も解決しません!色んな話や意見を参考に今後の人生を考えましょう。

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 流れ

契約の解除

債権者は相当の期間を定めてその履行をするよう催告を行い、その期間内に履行がないときは契約を解除してしまうこともでき(541条)、履行不能となったときは、催告せずに、解除をすることができる(543条)。これによって契約は初めから「なかったこと」になり、既に代金を支払っていたりすればそれを元の持ち主に戻す義務が生じる(545条)。これを原状回復義務という。

解除をするためには債務者に帰責事由が必要であるというのが学説の多数意見であった。これは条文に規定されてはいないが、解釈上認められている要件である。しかし解除は債権者が反対債務から自己を解放するために行われるものであるため、債務者の帰責事由を要求する理由が無いとの説も有力になった。当初2004年の民法改正において解除に帰責事由を要求する旨を条文に規定する予定であったが、通説が確立されていないとの反論を受けて見送られた。

契約が、債務者の債務不履行を理由として解除された場合の法的構成

* 直接効果説
* 間接効果説

銀行系

2009年現在、純粋な銀行系(銀行の完全子会社)は存在しない。

* モビット (関東財務局長 第01239号) - 三菱東京UFJ銀行・プロミスの合弁
* DCキャッシュワン (関東財務局長 第01279号) - 三菱東京UFJ銀行・三菱UFJ信託銀行・アコムの合弁(2009年5月よりアコムに吸収合併)
* アットローン (関東財務局長 第01236号) - 三井住友銀行・プロミスの合弁


起源

自然債務の歴史的な起源は、ローマ法まで遡る。日本法においては、旧民法(いわゆるボアソナード民法(1890年(明治23年)公布、施行されないまま1898年(明治31年)に廃止)の明文で規定されていた概念であるが、現行民法(1898年(明治31年)施行)の明文からは削除されており、これを直接規定した条文はない。


自己破産を先月26日に自分で申し立てしました。

現在、自己破産の申し立て中で。。。

親が1500万位借金があり自己破産すると保証人の姉夫婦にに750万位流れてきます今姉...

自己破産の流れについて質問です。今申し立てをして裁判所に行く日が決まるまで待....

自己破産・免責者の通帳のお金は受け取れますか?免責が解除されたりしませんか?

週末前に少し調整しました

消費者金融の精密なキャッシング審査とその後の流れ



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo03.blog90.fc2.com/tb.php/989-5979086e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。